スポンサーサイト

2015.09.15 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    上田式腰痛革命プログラムとぎっくり腰 原因は冷え?筋肉?

    2015.09.15 Tuesday

    0

      腰をいたわりたいのはやまやまだけれど、立ち仕事が多くて腰を休める暇がほとんどなかったとしても、
      心地良いエクササイズで体のゆがみをなくしていき、腰の調子に左右されず、当たり前のように腰を動かせるようになる方法がこちら



      あなたも腰の痛みにオドオドしながら生活するのはさっさと終わりにして、下のようになりたいと思いませんか?



      ■家族サービスもタップリできるほど元気になる

      ■自由に旅行に行けるようになる

      ■あかちゃんを思う存分抱っこできる

      ■何を食べても美味しく感じる


      腰痛があまりにもひどくなり、ちょっとでも腰を動かすだけで痛みが出るような場合にはブロック注射を使うべきです。
      もしくは手術をして痛みの原因をとりあえず取り除くのも良いと思いますが、薬や手術で腰痛が抜本的に改善できるものではありません

      腰痛が起きる原因は体の歪みです。骨格があちこちでずれていたり筋力バランスが崩れることによって腰に負荷が集中する結果になっているからです。
      私たちの体は本来ならば、さまざまな衝撃を全身で散らすようになっています。例えば歩いていて着地をしたときの負荷も、かかとや膝だけではなくて全身に散らせるようになっています。

      この仕組みが体の歪みなどによって崩れると、一部の筋肉に負荷が集中することになります。腰痛に悩まされている場合には、腰に負荷が集中して腰回りの筋肉が硬直していることが考えられます。
      腰痛を改善させるには体のバランスを取り戻すことが必要です。その場しのぎで痛みを散らしているうちは、下のような悩みを解消できるめどがほぼゼロに近くなります。


      ■激痛のあまり熟睡できない

      ■腰の激しい痛みに顔がゆがむ

      ■立ったり座ったりが辛い

      ■どこの病院や整体に行っても、一向に改善しない


      私たちの体が歪んでしまうのは結局、日常のちょっとしたことが引き金となっています。わずかな差が積み重なることで腰痛という深刻な悩みにつながっているわけです。
      例えば片足に体重を乗せて休めの姿勢を取ったり、重い鞄を右肩か左肩のどちらかに抱えて持つことが多かった場合。こういうことが体の歪みにつながります。

      他にも、O脚とかX脚みたいに歩くときのバランスが悪かったりすればやはり、骨格が歪んでいたり筋肉のつき方がアンバランスになっている可能性があります。
      腰痛を治すためにはまずは、こうしたちょっとした問題点を取り除いていくことが重要。普段の生活の仕方を改めることが何よりも重要になります。



      上田康浩さんの上田式腰痛革命プログラムは、今ある痛みを取り除くだけではなくて、腰痛が起きない体を取り戻すべく、普段の生活で何を気を付けなければいけないのか?も指導してくれます。
      筋肉の硬直をほぐすためのエクササイズは基本的に1日20分もあればOK。痛みを我慢しながら続ける必要はなくて、自分にできる範囲のことをすればOKです。

      整体の難しい技術なんてなくたって、DVDで上田康浩さんが指導している通りに体を動かせば、きちんと効果ができるように工夫されています。
      もしわからないことがあればむしろ積極的に質問を投げかけて下さい。上田式腰痛革命プログラムに申し込みをすれば上田康浩さんへ何度でもアドバイスをもらえる特典がついてきます。

      全額返金保証がついているので「効果があればラッキー♪」みたいな感覚で申し込みができるものの、使い方が間違っていれば残念な結果になるだけです。
      ぜひ上田康浩さんにいろいろアドバイスをうけながら、あなたにとって最も良い方法で腰痛対策に取り組んでいき、より早く痛みから解放されてくださいね。

      →→腰痛に悩まされない体へと導いてくれる上田康浩さんの上田式腰痛革命プログラムの上田式痛み予防エクササイズとは??


      三上系之 大人のアトピーを腸内環境で治す7つのステップ
      サイエ式育毛 小林弘子


      上田式腰痛革命プログラムとヘルニア・腰痛を緩和するクッションやグッズ

      2015.09.15 Tuesday

      0

        腰痛になった場合、痛んでいる患部を冷やしたほうが良いと思いますか?温めたほうが良いと思いますか?答えはどちらも間違いです。
        筋肉が炎症している場合には確かに冷やしたほうが良いものの、慢性的な腰痛では逆に筋肉が硬直しています。硬直した筋肉(コリ)を冷やせばますます固くなりがちです。

        では温めればよいのか?というとそういうわけでもありません。温めたところで、ちっとも痛みが和らぐことはないかもしくは、血流が増えて痛みが増す恐れがあります。
        腰痛に関しては、とにかく間違った情報と正しい情報が入り混じっているのが現状です。間違った情報に踊らされているうちは、治るものも治りません


        他にも腰痛になったら安静にしたほうが良いという人もいますが、実際には逆です。安静にして筋肉を動かさないようにすることで、ますますコリがひどくなる危険があります。
        腰痛になったらどちらかというと積極的に腰を動かしたほうが良いです。ただし正しい腰の動かし方をしなければいけません

        腰痛が起きる背景には、間違った腰の使い方をしていて、腰に余計な負担を与えていることが考えられます。それに体が歪んでいて腰にダメージが集中している影響も考えられます。
        こういった要因を丁寧につぶしていくことが腰痛改善には必要不可欠です。痛みを散らすことばかり考えていたら、症状がますますひどくなる危険と隣り合わせです。



        上田康浩さんの上田式腰痛革命プログラムなら、いま感じている痛みを取り除くだけではなくて、腰痛になりにくい体へと導いてくれます
        腰が痛くなるのは、腰の周りの筋肉が硬直して神経を刺激するからですが、なぜ腰の筋肉が硬くなるのかといえば、さまざまな負荷がそこに集中しているからです。

        腰にかかっている負荷を全身に散らしてあげることがほんとうの意味での腰痛対策になります。コルセットを巻いて腰に負担をかけないようにするのも結局、その場しのぎでしかありません。
        腰痛の怖いところは、体の歪みという根本的な要因を放置している限り、治るどころかむしろ痛みがひどくなる危険と常に隣り合わせになってしまう点。

        ぎっくり腰を1回やってしまうとこれから何度も繰り返しがちになるのも、間違った腰の動かし方という根本的な要因が残っているからです。
        あなたも1日20分で良いので、適切な方法で腰の筋肉をほぐしていけば、とりあえず腰の痛みを和らげることが出来るものの、日常生活の見直しにも十分に力を注いでくださいね。




        正しい体の使い方・正しい姿勢を心がけるようにすれば、腰への負荷が減るのはもちろん、肩こりとか片頭痛とかそういった悩みの解消にもつながります。

        腰を休ませる時間を長くするだけで、抜本的な解決策をしなかった結果、コルセットが手放せないほど症状が悪化してしまう前に、
        痛みが強くなる因果関係を断ち切って、長時間立ち続けてもびくともしない腰を取り戻しませんか?

        腰の痛みが起きないように余計な心配をするのは今日で終わりにして、腰痛治療から解放される充実感をかみしめるにはこちら





        詳しくはこちら
        JUGEMテーマ:肩こり、腰痛


        1